宝石・貴金属の買取・修理・リフォームなら、城陽市のジュエリーイケダにお任せください。

城陽市・宇治市・京田辺市で唯一のご来店の方限定宝石なんでも相談所】

ジュエリーイケダ

〒610-0111 京都府城陽市富野荒見田112 アル・プラザ城陽1階

ご予約時間:10時~18時(最終相談受付17:30時まで:主に土日休み・不定休)

店頭での無料相談実施中

必ず事前にご予約下さい。

電話でのご相談は致しておりません。誠に申し訳有りませんが、事前にご来店予約・専用留守番電話(10時~17:30時)にご予約の上、お品をご持参の上、ご来店下さい。

0774-56-0757

のべ棒・小判の買取事例

期間限定・スマートフォン限定「交通費500円進呈」

とっても簡単!⇒店頭で、お手持ちのスマートフォンのこのページを見せるだけで、交通費【500円】を進呈いたします。
合計1万円以上の買取をさせて頂いた方に、交通費として500円進呈いたします。(お一人様1回限り!)

のべ棒・小判などの買取事例

こちらでは当店の「のべ棒・小判などの買取サービス」の事例をご紹介させて頂きます。宝石・貴金属状態以外にも金・銀・プラチナでしたら、喜んで高価買取いたします。◎ 小判も各種ございます。
**インゴットの買取は、【事前ご予約】【平日限定午後3時】【田中貴金属限定】【合計200万円未満】を条件で買取させて頂いております。

 慶長大判のレプリカ

◎ 慶長大判の買取事例⇒1,636,500円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 T・T様)

 徳川家康が作らせた大判で、関ヶ原の戦いで功労の有った者に恩賞として家康自ら授けたものです。長方形の角を取った様な角ばったデザインが特徴的です。手作りらしい槌目も美しいです。本物なら時価1000万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、300グラム×5455円=1,636,500円と高額買取です。

 天正大判のレプリカ

◎ 天正大判の買取事例⇒1,091,000円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 Y・K様)
 
太閤秀吉が天正年間に後藤徳乗に命じて作らせた大判で、菱大判と呼ばれています。表面に「拾両後藤」、右側に天正十九の墨書、上部に一つ下部に二つの桐紋菱形の極印が打たれています。秀吉が大阪城築城を記念して、功労の有った大名に与えたと言われ、世界最初で最大の金貨です。本物なら時価2000万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、200グラム×5455円=1,091,000円と高額買取です。

 萬延大判のレプリカ

◎ 萬延大判の買取事例⇒1,363,750円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 A・T様)
 
代々の大判の伝統を破って、小型の大判となりました。俵目は実に美しく手作りされ、制作に十分な時間が費やされている立派な大判です。本物なら時価なら時価数百万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、250グラム×5455円=1,363,750円と高額買取です。

 寛永小判のレプリカ

◎ 寛永小判の買取事例⇒281,200円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 M・K様)
 
六代将軍家宣は良質の貨幣復活に志して制作した小判です。一般的には「乾字金」とも呼ばれています。本物なら時価なら時価2~3百万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、40グラム×5455円=218,200円と高額買取です。

 元禄小判のレプリカ

◎ 元禄小判の買取事例⇒272,750円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 M・K様)
 
この小判の特徴は、「打目」で今までの小判と違い、巾広く打たれていますので、「つちめ小判」と呼ばれ、美術的に優れています。本物なら時価なら時価数百万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、50グラム×5455円=272,750円と高額買取です。

 慶長小判のレプリカ

◎ 元禄小判の買取事例⇒272,750円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 M・K様)
 
慶長元年(1601年)家康が天下統一ご作成した小判で、金吹き小判と呼ばれ、品位と美しさにおいて徳川全期を通じて、最も重要優れた小判と言われ 制作期間も百年に及ぶ代表的な小判です。本物なら時価なら時価数百万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、50グラム×5455円=272,750円と高額買取です。

 天保小判のレプリカ

◎ 天保小判の買取事例⇒281,200円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 M・K様)
 
水野忠邦が天保の改革の時に発行した小判で、従来の手打製と異なり、鋳造により製造されています。部分的な厚い薄いが無くなり、整った小判です。本物なら時価なら時価2~3百万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、40グラム×5455円=218,200円と高額買取です。

 天保五両判のレプリカ

◎ 天保五両判の買取事例⇒381,850円 (2019年10月28日買取・滋賀県在住 M・K様)
 
天保時代に初めて作られた五両判で、前後の時代には無い非常に珍しい貴重な判金です。上下に扇型の桐紋と左右の丸形桐紋の極印が打たれているのが、特徴です。本物なら時価なら時価数百万円以上するのですが、残念ながら、買い取りさせて頂きましたのは、レプリカですので、70グラム×5455円=381,850円と高額買取です。

レプリカ小判

レプリカ小判・表面 (縦12cm)

昭和時代に作られたレプリカの小判です。江戸時代の小判のような雰囲気が有りますが、残念ながら昭和の制作でした。なので古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでも純金スクラップの買取価格です。

レプリカ小判・裏面 (縦12cm)

◎ 縦12センチ・横8センチのレプリカ小判の買取の事例⇒532,946円 (2019年10月25日買取・城陽市在住 T・H様)
 
100グラム×5326円=532,946円
*田中貴金属と同じ純金スクラップの買取価格です。

レプリカ小判

レプリカ小判・表面(縦4cm)

昭和時代に作られたレプリカの小判です。江戸時代の小判のような雰囲気が有りますが、残念ながら昭和の制作でした。なので古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでも純金スクラップの買取価格になりました。

レプリカ小判・裏面(縦4cm)

◎ 縦4センチのレプリカ小判の買取の事例⇒52,196円 (2019年10月1日買取・大阪府在住 M・I様)
10.007グラム×5216円=52,196円        残念ながら、作成した会社は、分かりません。

徳力製・純金製・分銅金

㈱福光屋様・御礼品

享保12創業の【徳力本店】が制作された純金製の分銅金で、総重量27グラム×5175円=139,725円+275円=14万円で買取させて頂きました。

昭和51年配られた品

1625年創業の金沢市最古の酒造メーカーの㈱福光屋様で、その会社の「福正宗」と言うお酒の拡販御礼品です。

純金製・分銅金・6枚

◎徳力本店製・分銅金の買取事例⇒140,000万円(2019年9月1日 買取・城陽市在住 K・O)

昭和天皇・在位50年・記念小判

昭和天皇・在位50年・記念小判・表面

縦60mm・横37mm・重さ30グラムの立派な小判です。昭和天皇の在位50年をお祝いして、記念に発行された小判です。表面には鳳凰が描かれ、裏面にはい在位年数が描かれています。残念ながら、発行枚数が多いのでプレミアム価格は付きません。

昭和天皇・在位50年・記念小判・裏面

◎ 昭和天皇・在位50年・記念の純金小判の買取の事例⇒147,660円 (2019年7月1買取・精華町在住 M・A様)
30グラム×4922円=147,660円 
田中貴金属と同じ価格で買取いたしました。

昭和天皇・喜寿奉祝記念小判

昭和天皇・喜寿奉祝記念小判・表面

縦57mm・横37mm・重さ52.050グラムの立派な小判です。昭和天皇の喜寿のご慶賀を奉祝して、記念に発行された小判です。表面には鳳凰が描かれ、裏面には鶴と亀が描かれています。昭和53年4月29日の作成です。

昭和天皇・喜寿奉祝記念小判・裏面

◎ 昭和天皇・喜寿奉祝記念の純金小判の買取の事例⇒250,000円 (2018年4月30日 買取・宇治市在住 S・D様)
52.050グラム×4802円=250,000円 田中貴金属以上の高価価格で買取いたしました。

純金製の競馬の馬券レプリカ

◎ 純金の競馬の馬券レプリカの買取事例⇒122,620円 (2018年4月17日買取・宇治市在住 H・N様) 
*田中貴金属が、作成した【JRA】の馬券レプリカです。抽選で当たったとの事です。本当の馬券では無くて、レプリカだそうです。25.957グラム×4724円=122,620円での買取です。
*田中貴金属と同じ買取価格で買取いたしました。

大きなレプリカ大判(後、墨書き)

縦11cmのレプリカ大判

縦11cm・横7cm・重さ90.161グラムの立派な大判です。親鸞聖人御誕生800年の記念として「三井貴金属」が作った大判です。表面に親鸞聖人の墨書き、裏面に御誕生800年の文字が刻印されています。

横7cmのレプリカ大判

◎ レプリカ純金大判の買取の事例⇒425,830円 (2017年11月1日買取・綴喜郡在住 H・O様)
90.161グラム×4723円=425,830円 田中貴金属と同じ買取価格で買取いたしました。

伊勢神宮遷宮記念・小判

伊勢神宮遷宮記念・表面(縦9cm)

昭和48年・第60回伊勢神宮遷宮を記念して、三越百貨店が謹製&販売された小判です。当時10万円位で販売されていたそうです。約4倍の価格で買取させて頂きました。本当に金相場は、劇的に高値ですので売却は、今のうちです。

伊勢神宮遷宮記念・裏面(縦9cm)

◎ 縦9センチの伊勢神宮遷宮記念の小判買取の事例⇒415,880円 (2017年8月26日買取・宇治市在住 T・K様)
90.115グラム×4615円=415,880円
上の写真の矢印の所に『三越謹製』と刻印が有ります。

レプリカ小判

レプリカ小判・表面(縦4cm)

昭和時代に作られたレプリカの小判です。江戸時代の小判のような雰囲気が有りますが、残念ながら昭和の制作でした。なので古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでも純金スクラップの買取価格になりました。

レプリカ小判・裏面(縦4cm)

◎ 縦4センチのレプリカ小判の買取の事例⇒44,910円 (2017年8月21日買取・宇治市在住 Y・N様)
10グラム×4491円=44,910円
上の写真の赤い矢印の所に『徳力』と製造メーカーの刻印が有ります。

レプリカ小判

レプリカ小判・表面(縦7cm)

昭和時代に作られたレプリカの小判です。江戸時代の小判のような雰囲気が有りますが、残念ながら昭和の制作でした。なので古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでも純金スクラップの買取価格になりました。

レプリカ小判・裏面(縦7cm)

◎ 縦7センチのレプリカ小判の買取の事例⇒111,725円 (2017年6月11日買取・宇治市在住 Y・N様)
25グラム×4469円=111,725円
上の写真の黄色い矢印の所に『純金・99.99%』と刻印が有ります。

レプリカ小判

レプリカ小判・表面(縦5cm)

昭和時代に作られたレプリカの小判です。江戸時代の小判のような雰囲気が有りますが、残念ながら昭和の制作でした。なので古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでも純金スクラップの買取価格になりました。

レプリカ小判・裏面(縦5cm)

◎ 縦5センチのレプリカ小判の買取の事例⇒221,000円 (2017年5月14日買取・城陽市在住 K・S様) 
10グラム×4549円=45,490円
*上の写真に『純金』と『10g』の刻印が有ります。 

銘柄不明な24金スモール・バー

銘柄不明な24金スモール・バー表面

溶解業者の刻印無しのスモール・バーです。なんと驚く事に[500]の刻印は[500]
グラムでは無くて、[50.0]匁→つまり50モンメ×3.75グラム=187.5グラムの事でした。50年以上前に精錬されたようです。縦81×横20×厚6ミリです。

銘柄不明な24金スモール・バー裏面

◎ 50匁のスモール・バーの買取事例⇒864,020円 (2017年1月24日買取・大阪府交野市 在住 H・T様) 遠方からのご来店頂き、有難うございました。
*溶解業者の刻印無しでも当店では、正確に24金と判定出来ます。

慶長小判のレプリカ(純金製)

慶長小判(レプリカ)桐箱

本物の慶長小判では有りません。昭和に作られたレプリカの「慶長小判」です。桐箱もまだまだ新しい感が有ります。

小判・表面

◎慶長小判(レプリカ)の買取事例⇒220,132円(2016年9月28日 買取・城陽市在住 S・O様)

小判・裏面(純金の印)

左の矢印の先には、「純金」の刻印が、有ります。上向きの矢印の先には、大蔵省検定マークの日の丸マークが有ります。

純金(99.99%)のスモール・インゴット

◎ 純金(99.99%)のスモール・インゴットの買取事例⇒445,000円 (2016年9月23日買取・久世郡在住 M・T様) 
*東京銀座山崎と言う会社の100グラム×4612円=461,200円-16,200円【田中貴金属と同じく「スモール・バーチャージ】がかかりますので、461,200-16,200=445,000円の買取です。
田中貴金属と同じ買取価格で買取いたしました。
**インゴットの買取は、【事前ご予約】【平日限定午後3時】【田中貴金属限定】【200万円未満】で買取させて頂きます。

レプリカ小判

レプリカ小判・表面(縦8cm)

昭和時代に作られたレプリカの小判です。江戸時代の小判のような雰囲気が有りますが、残念ながら昭和の制作でした。なので古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでも純金スクラップの買取価格になりました。

レプリカ小判・裏面(縦8cm)

◎ 縦8センチのレプリカ小判の買取の事例⇒221,000円 (2016年7月6日買取・宇治市在住 Y・H様)
 
50グラム×4405円=220,250円+おまけの750円=221,000円
*上の写真の赤い矢印の所に『99.99%』と刻印が有ります。

レプリカ小判・5枚

レプリカ小判・5枚・表面

昭和時代に作られたレプリカの小判・5枚です。江戸時代の小判のような雰囲気が有りますので、東京の古銭鑑定機関に出しましたが、残念ながら昭和の制作でした。なので古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでもスクラップの12金の買取価格になりました。

レプリカ小判・5枚・裏面

◎ レプリカ小判・5枚の買取の事例⇒83,024円 (2016年6月17日買取・城陽市在住 Y・W様)
5枚合計で、42,230グラム×1966円=83,024円 田中貴金属と同じ買取価格で買取いたしました。

佐川急便・佐川清・刻印の銀貨・8枚

◎佐川急便・佐川清・刻印の銀貨の買取事例⇒7,748円
(2016年3月6日買取・京都市在住 T・H様) 
佐川急便様の純銀貨8枚を買取させて頂きました。
8枚で重さ161.427グラム×48円=7,748円です。
ちょっと珍しい銀貨です。誠に申し訳有りませんが、当店では、精錬工場にて溶かしますので、純銀再生価格となります。

プラチナ99.95%表示の板

◎ プラチナ99.95%板の買取事例⇒1,599,000円
(2015年12月13日買取・綴喜郡在住 H・T様)
500グラム×3198円=1,599,000円
*金は99.99%(フォーナイン)ですが、プラチナは純度99.95%が一般的です。
田中貴金属と同じ買取価格で買取いたしました。

大きなレプリカ大判(後、墨書き)

縦16.5cmのレプリカ大判

昭和時代に作られたレプリカの大判です。縦16.5cm・横10,5cm・重さ200グラムの立派な大判でした。江戸時代の大判では有りませんので、古銭的なプレミアム価格は有りません。あくまでも田中貴金属のK24特定品の買取価格で買取いたしました。

横10.5cmのレプリカ大判

◎ レプリカ純金大判の買取の事例⇒847,800円 (2015年12月13日買取・綴喜郡在住 T・T様)
200グラム×4239円=847,800円 田中貴金属と同じ買取価格で買取いたしました。

日本万国博覧会記念・開運小判

万博記念小判・説明書

懐かしい『1970年の万国博覧会の記念』の純金小判です。太閤秀吉にあやかり「太閤桐」を配した縁起のよい「開運小判」で。縦7cm・横4cm・重さ50グラムの立派なお品2枚です。田中貴金属と同じ買取価格で買取いたしました。

万博記念小判・2枚

◎ 万博記念・純金小判の買取の事例⇒436,367円 (2015年12月11日買取・綴喜郡在住 T・S様)
① 50.918グラム×4258円=216,808円
② 51.564グラム×4258円=219,559円
の2枚合計 436,367円です。

純金小判風板・3,5cm

◎ 純金小判風板・35ミリの買取事例⇒12,690円
(2015年11月22日・城陽市在住 Y・A様)

縦35ミリ・横22ミリ・厚さ0.3ミリ・重さ3グラムの純金小判風板の買取事例です。消しゴムぐらいの大きさの純金板ですが、純金ですので結構良い買取金額になりました。残念ながら、コイン・インゴットでは有りませんので、純金再販価格ではなく、純金再生価格で買取させて頂きました。
***3グラム×4,230円=12,690円です。

レプリカ純金小判・5cm

◎ レプリカ純金小判・5cmの買取事例⇒40,260円
縦5cmのレプリカ純金小判の買取事例です。かなり小さいレプリカ小判ですが、純金ですので結構良い買取金額になりました。
ただレプリカ小判ですので、古銭の様な「プレミアム価格」にはなりません。古銭・レプリカ共に買取させて頂きますので、ご安心してお持ちください。

電話・メールでのご相談は致しておりません。誠に申し訳有りませんが、こ来店予約・専用留守番電話(10時~17:30時)にご予約の上、お品をご持参の上ご来店下さい。

0774-56-0757

電話・メールでのご相談は致しておりません。誠に申し訳有りませんが、事前にご来店予約・専用留守番電話(10時~17:30時)にご予約の上、お品をご持参の上、ご来店下さい。

0774-56-0757

メールでのお問合せは24時間受け付けております。ご返事は最短2日以上かかります。

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますので
メールにてご相談ください。

京都新聞『マイベストプロ・京都』に掲載されています。

詳細はこちら